プラトンより「クレイポトン」



要旨:「クレイポトン」はプラトンの作品の中では少し変わった作品であると田中美知太郎氏は述べている。それはソクラテスの影が薄く、ソクラテス批判に終始しているという理由から本当にプラトンの作品なのかと疑われているからである。今回はあえてそんな「クレイポトン」についてレポートをまとめた。

目次:‘睛
   感想

参考文献:「世界の名著 プラトン」 責任編集:田中美知太郎

内容:最初ソクラテスとクレイポトンの対話からこの作品は始まる。クレイポトンがソクラテスの徳の進めを批評する内容がこの作品の大部分を占めている。
ここで言うソクラテスの教えとは「徳を志す」ということである。クレイポトンはその事については「わたしがとてもとても感心し、人に驚かれるくらい褒めているところなのだ。」と述べています。
しかしクレイポトンは「わたしの関心は、それから先の話を聞かしてもらいたいということに向けられてきたのだ。」と述べます。彼はその問いをいきなりソクラテス本人にではなくソクラテスの「同行」達にぶつけます。すると彼らのうちの一人が「その技術とは、あなたも、ソクラテスの話すのを聞いておられたはずのものです。正義(正しさの技術)にほかなりません。」と答えます。
しかしクレイポトンはこう答えます。「いや、そんな名前だけ答えてもらっても仕方がない。」「正義の人がわれわれのためにつくることのできる作物とは何だと言うのか」この問いに対して「同行」達の答えは「ためになるもの」「まさにあるべきもの」「益」「利」と様々な答えが出てきますがクレイポトンは納得しません。彼はさらにこう尋ねます。「そういう名前だけのことなら、どの技術にもあることなのだ。」「正義のばあいも、これと同じように答えてもらわなければならないのだ。」
この問いに対して最後の答えをしてくれる人が出てきます。その人はこう言います。「正義の術に固有の作物で、他のいかなる技術からもつくられないものは、市民共同体(国家)のうちに親和(友愛)をつくりだすものがこれだ」「真実の友愛と親和は心を一つにすること」「(心を一つにすることは)知識であることによってなのであって、思いなしとしてではない」
ここでその同行の人達は「議論は、堂々めぐりをして、最初と同じところへ戻ってきてしまったのである」と気づいた。そして結局は「正義の術とか心を一つにする事とか言っているものは、どこへつながりをもつものなのか、まったく見当がつかず、それらの作る物も、いったい何なのか、不明だ」と言っている。 ここまでクレイポトンがソクラテスに話したときにクレイポトンは「まだ徳のすすめを説かれたことのない人間にとっては、ソクラテス、あんたは何にもかえがたい値打ちのある人だが、すでにそのすすめを受けてしまった人にとっては、徳の完成に達し幸福を得るということのためには、ほとんど邪魔だと言ってもいいくらいのものだということになるだろうからね。」と述べ、「クレイポトン」は終わります。

感想:「プラトン」の本は上下巻とあって量からして今までに読んだ本よりも多い。まず全部読むという作業のところから長い時間を取られてしまった。しかも読み終わった後いったいどこの部分をまとめてレポートにしたらいいかという事でまた長い時間を取られることになってしまった。膨大な量なので内容をしっかりと判断するところから辛いものがありとりあえず一番短いところでやろうと思い、その結果この「クレイポトン」となった。「クレイポトン」は要旨のところでも述べたようにソクラテス批判に終始している。だからこそソクラテスの教説のポイントがわかりやすくなるかともやりながら期待していた。その期待はぼんやりとしかかなっておらず、いまだわからないところの方が多い。やはりもっと人生について深みが増さないと理解できないのではとこのレポートを書き終わったときに感じました。

研究室目次へ